全国の懐かしい町並みを見て歩いてかれこれ30年近くになりました。 その時の街並み紀行とあわせて、主に余り著名でないB級以下の建物やバスをはじめとした懐かしい車たちを色々な角度から見た画像なども紹介したいと思っています。 建物の模型等を作られる方の参考になればブログ主としては大変幸せに思います。

2017年11月19日日曜日

残雪の小菅村

大月から奥多摩に抜ける国道139号線沿いでであった光景です。


89.1.28 山梨県 小菅村


残雪の残る静かな街並みです。

89.1.28 山梨県 上野原 

こちらも途中で見掛けた支所建物です。
急峻な地形の中に建っていました。


89.1.28 山梨県
こちらは下から見上げた雰囲気です。


89.1.28 山梨県 上野原
玄関差し掛けの上に火の見がある姿は私はこの事例しか見たことがありません。

2017年11月5日日曜日

駒ケ根で見たボンネットバス

1980年当時、ボンネットバスというのはすでに絶滅危惧種で、全国探しても保存車輛でない現役のボンネットバスは指で数える程度にまでなっていました。

80.8.31 長野県 駒ケ根

そんな中で伊那バスのボンネットバスは数少ない現役営業車として知られていました。
大学1年の夏休みの飯田線ゆきの折、駒ヶ根駅前でその雄姿に会えました。


80.9.1 長野県 駒ケ根

駒ケ根付近で宿泊したため、翌日もその姿に出会えました。


80.9.1 長野県 駒ケ根

手書きの方向幕が泣かせます。


80.9.1 長野県 駒ケ根営業所

バスの行先が営業所だったので、走り去る姿を目で追ってみたら、営業所はすぐそばなのが判明、お邪魔しました。

80.9.1 長野県 駒ケ根営業所

じっくりとバスの周りを一周。
ゆっくりとボンネットバスを眺めたのは実は初めてであったかもしれません。

80.9.1 長野県 駒ケ根営業所

このバスは現役引退後も千曲バス、西東京バスと転々としてその後も活躍しました。
私が最後に見たのは西東京バスの夕焼け小焼け号でした。
その後どうなっているのかはわかりません。